Genb

スタイリッシュドラムカバー WCD01GC|NV350

¥13,200
税込

撮影時の照明やディスプレイの関係で、商品画像と実際の色が異なって見える場合がございます。あらかじめご了承下さい。

目立たず、主張せず、
ホイールデザインを映えさせる陰の立役者

LTタイヤの扁平化が進み、デザイン性に富んだ大径ホイールが市場を席巻するようになりました。しかし、その魅力的な意匠が仇となり、スポークやフィンの隙間から見えるブレーキドラムの錆と汚れが美観を損ねる結果に。

“スタイリッシュドラムカバー”は、ブレーキドラムに被せるだけで醜い錆を覆い隠し、ホイールデザインを映えさせるドレスアップアイテムです。

ブレーキドラムの外周はブレーキライニングとの摩擦によって激しく発熱する箇所。外周部分を除いたハーフカバータイプとすることで放熱性能を損なうことなく美観をキープします。

ホイールインセットに与える影響を最小限に抑えるため、軽量かつ耐腐食性に優れるA5052材をプレス成形。

ブラッシュ、ポリッシュ、クロームなど多彩に表現されるテクスチャーとのバランスを考慮し、落ち着いた色合いのグレーアルマイトをチョイス。さらに、紫外線による退色を防ぐクリアコートで表面を保護します。


適合型式:E26
■送料区分:B

※ディスプレイの特性上、商品画像と実際の商品では色調が異なって見えることがあります。
※製品本体および付属品の仕様は、改良のため予告無く変更する場合があります。
※当製品は保安基準適合品ですが、車検については検査員の判断が優先されますのでご注意ください。
※意匠登録(第1651267号)

取り付け難易度
カスタムパーツ取り付け難易度

専門店へのご相談は、ギブソン製品の取扱店・代理店をご利用ください。

今月のノベルティプレゼント

今月のノベルティプレゼント!

GIBSONでは毎月、オンラインストアで製品をご購入のお客様へ感謝の気持ちを込めて、ノベルティをプレゼントしています。

2月のノベルティはこちら!

「GIBSON オリジナルステッカー」をプレゼント!
ノベルティ

GIBSON オンラインストアで製品をご購入いただいた方全員にもれなく、GIBSON オリジナルステッカーをいずれかお一つプレゼント!GIBSONでしか手に入らないステッカーです!

※画像は見本です。
※ステッカーはお選びいただけません。
※色はランダムでお入れします。

送料について

送り先が「ご自宅宛」か「会社宛」「営業所・支店止め」かによって送料が異なります。
1配送先につき、送料別の商品を複数ご注文いただいた場合は、原則下記送料×個数分となりますが、同梱できる場合はなるべく大きなサイズの商品に同梱いたします。最適な送料に調整させていただくことがあります。その場合は、追って当方よりご案内いたします。

また、サイズの大きな商品はご自宅宛の送料が高いため、「会社宛」または「営業所・支店止め」をおすすめしています。

ホイールの4本セットは、送料無料でお届けいたします。

ご自宅宛

ご自宅宛送料

会社宛/西濃運輸 営業所・支店止め

会社宛/西濃運輸 営業所・支店止め送料

フロアパネル/ベッドキット

フロアパネル/ベッドキット

※上記送料は全て税込です。離島・沖縄・一部地域は送料着払いとなります。

ハイエース200系 製造日による見分け方
車検証の"初度登録年月"の欄をご確認ください
呼称 西暦
平成
1型 2004年8月23日 〜 2007年7月
平成16年8月23日 〜 平成19年7月
2型 2007年8月20日 〜 2010年6月
平成19年8月20日 〜 平成22年6月
3型前期 2010年7月26日 〜 2012年3月
平成22年7月26日 〜 平成24年3月
3型後期 2012年4月16日 〜 2013年12月
平成24年4月16日 〜 平成25年12月
4型 2013年11月27日 〜 2017年10月
平成25年11月27日 〜 平成29年10月
4型後期
または5型
2017年12月1日 〜 2020年4月
平成29年12月1日 〜 令和2年4月
6型 2020年5月1日 〜
令和2年5月1日 〜

ABOUT US

ギブソンのこだわり

クルマをもっと美しく、ハイエースライフをもっと楽しく。
国内生産にこだわるハイエースカスタムパーツブランド「GIBSON」

ものづくりへのこだわり

わたしたちは、カスタムエアロパーツを自社工場で製作生産し、あくまで国産にこだわった エアロパーツの商品開発に力を注いでいます。

我々ストークの合言葉は、『感謝』です。

カスタムエアロパーツは決して安いものではありませんが、購入して頂いたお客様に『ありがとう』『買って良かった』と言って頂ける様な物造りを信条に今後も商品開発に謹んで参ります。